★★★  様相激変 “自公ひどすぎ” 自民支持者も「今度は共産党」!  ★★★
- 17日、共謀罪・加計… 候補者の訴えに共感  -   

 「自民党はひどすぎる。今度は共産党」と声をかけるサラリーマンや加計疑惑隠しに怒る無党派の人…。 安倍自公政権による「共謀罪」法強行と加計疑惑隠しに国民の怒りが沸騰するなか、東京都議選(23日告示、7月2日投票) の様相が激変しています・・・
 詳細はしんぶん赤旗 6月18日版をご覧下さい。



★★★     「共謀罪」強行に怒り沸騰!!     ★★★
- 15日、衆院第2議員会館前 4野党と市民 一致結束 -   

  国民の思想・良心の自由を侵す憲法違反の「共謀罪」法の採決が15日早朝の参院本会議で強行され、 自民、公明、維新の賛成多数で可決・成立しました。審議すればするほど疑問点や新たな論点が噴出し、さらには、 森友・加計学園疑惑という国政私物化に国民の怒りがわき起こるなか、追い詰められた安倍政権は、参院法務委員会での 審議を一方的に打ち切り、本会議採決に持ち込む「中間報告」という“禁じ手”を使っての異常な強行採決を断行・・・
 詳細はしんぶん赤旗 6月16日版をご覧下さい。



★★★ 街頭演説が熱い 聴衆の輪みるみる この期待必ず議席へ ★★★
- 町田で志位委員長訴え -   

  東京の未来、都民の暮らしに大きな影響を与え、国政の動向を左右する東京都議選は23日の告示前から各党が 総力をあげる大激戦となっています。7月2日の投票日まで1カ月となった4日、日本共産党の志位和夫委員長を迎えた街頭 演説が町田市の町田駅前で開かれ、近年最高の聴衆が聞き入り、熱気みなぎるものとなりました。
 詳細はしんぶん赤旗 6月 5日版をご覧下さい。



★★★     共闘の力で憲法守る!     ★★★
- 「オール埼玉総行動」1万3000人集い -   

  安保法制(戦争法)廃止と立憲主義回復を求める「オール埼玉総行動」実行委員会は4日、さいたま市の 北浦和公園で集会を開き、1万3200人が参加。
 詳細はしんぶん赤旗 6月 5日版をご覧下さい。



★★★   「共謀罪」法案にノー 今こそ立ちあがる時!   ★★★
- 東京・新宿 市民連合・総がかり実行委 大街宣 -   

  市民と野党による大街頭宣伝が28日、東京・新宿駅前で行われました。学者、ママ、若者、弁護士、著名人、 野党の代表が次つぎとスピーチ。「共謀罪」法案を廃案にするために力をあわせようと訴えると・・・
 詳細はしんぶん赤旗 5月 29日版をご覧下さい。






★★★   憲法変えるな 政治を変えろ 「共謀罪」ノー    ★★★
-  若者1800人がデモ 東京・新宿 -   

 「憲法変えるな政治を変えろ」―。改憲を許さず、「共謀罪」法案に反対する若者のデモが21日、東京・新宿で行われ、 全国各地から参加した青年の隊列に飛び入り参加する人など1800人が「私の尊厳、自由を守れ」などと書いた横断幕や プラカードを手に、サウンドを響かせながら「主権者は私たち」「9条壊すな」とコール・・・
 詳細はしんぶん赤旗 5月22日版をご覧下さい。









★★★    「共謀罪」強行採決 「必ず廃案」 国会前埋める人波    ★★★
- 19日夜、国会正門前で大規模抗議! -   

 自民、公明、維新の各党が「共謀罪」法案を衆院法務委員会で強行採決した19日夜、国会正門前で大規模抗議が 行われ、9000人以上が怒りの声をあげ、「強行採決 徹底糾弾」「野党はがんばれ」とコール・・・
 詳細はしんぶん赤旗 5月 20日版をご覧下さい。







★★★   「共謀罪」阻止 連日行動 スタート    ★★★

  監視社会が拡大し、民主主義を破壊する「共謀罪」法案を阻止しようと9日から、国会周辺で同法案に反対する 連日行動がスタートしました。「共謀罪NO!実行委員会」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が 共催・・・
 詳細はしんぶん赤旗5月10日版をご覧下さい。





★  憲法が輝く新しい政治を 野党は共闘「共謀罪」廃案 戦争法は廃止  ★
- 施行70年の憲法集会 5万5000人が声援 -   

  憲法が施行されて70年の節目を迎えた3日、「いいね!日本国憲法―平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」(同実行委員会主催)が、東京・有明の東京臨海広域防災公園で開かれました。
 詳細はしんぶん赤旗5月4日版をご覧下さい。





★★★     安倍政権打倒へ野党スクラム「日本の政治の新しい時代」
さらに前へ!!    ★★★
-  日本共産党27回大会始まる 3野党・1会派あいさつ(1月15日) -   

 日本共産党第27回大会が15日、静岡県熱海市の伊豆学習会館で始まりました。18日までの4日間の日程です。 「安倍自公政権とその補完勢力に、野党と市民の共闘が対決する日本の政治の新しい時代」(決議案)を体現するように、党大会史上初めて、 共闘する民進党、自由党、社民党、参院会派・沖縄の風の3野党・1会派の代表が参加し、あいさつ・・・
 詳細はしんぶん赤旗1月16日版をご覧下さい。




★★★     市民と野党で政権打倒!!    ★★★
-  東京 渋谷で安倍政権NO大行進(1月14日) -   

  市民と野党の力で安倍政権を打倒しようと14日、東京都渋谷区で「安倍政権NO!+野党共闘☆0114大行進in渋谷」 (主催=同実行委員会)が行われました・・・
 詳細はしんぶん赤旗1月15日版をご覧下さい。









★★★     TPP批准させない安倍政権倒す共同を!!    ★★★
- 全国から8000人 集会・デモ (10月15日) -   

  今国会で安倍晋三政権が最大の焦点として批准を狙う環太平洋連携協定(TPP)の問題で「TPPを批准させない!全国共同行動」が主催する 中央集会が15日、東京・芝公園で開かれました。北海道から九州まで全国から約8000人(主催者発表)が参加。 「批准を絶対に阻止し、安倍政権を倒す共同を広げよう」との発言が相次ぎました。 ・・・
 詳細はしんぶん赤旗10月16日版をご覧下さい。








★★★     戦争法1年 たたかい止まらない!!    ★★★
- 国会前、雨つき2万3000人 (9月19日) -   

  安倍晋三政権による戦争法(安保関連法)の強行から1年となった19日、 「戦争法をぜったい廃止に」と、全国各地で集会やデモが行われました。 総がかり行動実行委員会が呼びかけた国会正門前の行動には2万3000人(主催者発表)が参加・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月20日版をご覧下さい。









★★★     首相が“消した年金”5兆円!!    ★★★
- 積立金使い株価つり上げ “ギャンブルで すった”安倍政権  -   








  「アベノミクス」のために株価をつり上げようと公的年金の株式運用を拡大してきた安倍内閣。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2015年度決算で、5兆数千億円にのぼる巨額損失が明らかになり、 参院選でも重大問題として安倍政権の責任が問われています。
 詳細はしんぶん赤旗7月5日版をご覧下さい。

★年金生活者>これが「アベノミクス」の結果だ!!もっとマスコミは大々的に報道して欲しい。国民を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたい。 ギャンブルに手を出す安倍自公政権を退陣に追い込まなければこの国は滅びてしまう。今度の参院選では安倍政権に対する怒りの一票を投じましょう!



★★★     比例も選挙区も1票争う大激戦!!    ★★★
-  空前の池袋街宣 この勢いで勝ち抜こう(7月4日) -   

 地鳴りのような拍手と歓声―。身動きがとれないほどの聴衆で歩道が埋め尽くされた東京・池袋駅東口での4日の日本共産党街頭演説は、 応援のシールズ・奥田愛基さんが「めっちゃすごい人ですね。共産党本気出しすぎです」と訴えるなど、勝利への決意と熱気に包まれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗7月5日版をご覧下さい。



★★★     “もう犠牲者出さない” 沖縄 怒り・追悼6万5000人!!    ★★★
-  女性暴行殺人事件 米海兵隊撤退を要求 県民大会(6月19日) -   

  米軍属による女性暴行殺人事件に抗議する「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」 (主催・「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」)が19日、那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場で開かれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗6月20日版をご覧下さい。



★★★     市民と野党が変える!!    ★★★
-  総がかり大行動「参院選勝つ」国会周辺4万人(6月5日) -   

  「明日を決めるのは私たち―政治を変えよう!6・5全国総がかり大行動」(実行委員会主催)が5日、全国各地で取り組まれました。 東京では国会正門前、農林水産省前、日比谷公園前3カ所に特設ステージが置かれ、野党の代表や各界・各分野の著名人がスピーチしました。 「4万人以上が参加した」と報告した「総がかり行動実行委員会」の高田健さんは「全国でも100カ所以上で行動した。 今日を出発点に参院選で必ず勝利しよう」と呼びかけました・・・
 詳細はしんぶん赤旗6月6日版をご覧下さい。








★★★     戦争法廃止へ3万7千人 未来のため安倍政権倒す!    ★★★
-  国会前 施行に抗議(3月29日) -   

 戦争法が施行された29日、戦争法の発動を許さないとともに、廃止を求めて、 国会正門前で行動が取り組まれ、「戦争反対」「安倍はやめろ」とコールを響かせました・・・
 詳細はしんぶん赤旗3月30日版をご覧下さい。







★★★     原発ゼロ 安倍政権ノー! 統一行動に3万5000人    ★★★
-  市民の力発揮 福島に連帯/東京・渋谷(3月26日) -   

  「原発ゼロ」を求める統一行動「NO NUKES DAY(ノーニュークスデイ)」として「原発のない未来へ! つながろう福島! 守ろういのち! 全国大集会」が26日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗3月27日版をご覧下さい。




★★★     総がかり実行委 戦争法廃止求め集会!    ★★★
-  市民+野党で政権包囲(3月19日) -   

  「戦争法廃止のために声をあげ続ける」「選挙で市民に寄りそう政治家を選びたい」。 高校生、ママ、視覚障害者、日本弁護士連合会や日本キリスト教団の代表、日本医師会の前会長らのスピーチに、 会場から大きな歓声が起こりました・・・
 詳細はしんぶん赤旗3月20日版をご覧下さい。





★★★     戦争法必ず廃止 埼玉総行動に1万人!!    ★★★
-  2000万署名に全力(3月6日) -   

 さいたま市大宮区の鐘塚公園で6日開かれた「安保関連法廃止!立憲主義を取り戻す3・6オール埼玉総行動」には、 1万人を大きく超える県民が集まり、憲法違反の戦争法(安保関連法)を必ず廃止させようとの熱気にあふれました・・・
    詳細はしんぶん赤旗3月7日版をご覧下さい。





★★★    安倍ノー 1万人大行進!!    ★★★
-  市民の声が政治動かす(2月14日) -   

Natural

  安倍政権の退陣、野党共闘の実現を求める「安倍政権NO!大行進」が14日、東京都渋谷区で行われました。 主催は同実行委員会で、今回が4回目。戦争法の強行、原発再稼働、消費税増税など、安倍政権の暴走に抗議し、 休日でにぎわう渋谷・原宿の中心街をデモ行進。飛び入り参加も目立ち、1万人(主催者発表)に膨れあがりました・・・
 詳細はしんぶん赤旗2月16日版をご覧下さい。


Natural

Natural

 ★浦安市後援会からも有志が駆け付け、集会後、渋谷をデモ行進しました。








★★★    主権者が政治変える 安保法制廃止 安倍政権ノー !!    ★★★
-  市民連合が初街宣 東京・新宿(1月5日) -   

  昨年12月に結成された「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)が5日、 「アベにNO!野党共闘へ」を合言葉にする初の街頭宣伝を東京・新宿駅西口で行いました。 戦争法の廃止を求める「2000万署名」にも大きな反響がありました。市民連合に参加する団体代表と、野党各党が交互にスピーチ。 国民一人ひとりが主権者として、筋の通った野党共闘を実現し、夏の参院選で勝利しよう、自公を過半数割れに追い込もうとの訴えが相つぎました・・・
 詳細はしんぶん赤旗1月6日版をご覧下さい。


★★★    新年のあいさつメッセージ   ★★★
-  斉藤和子 衆議院議員、浅野ふみ子・椎葉かずゆき 参院選予定候補  -

  新年を迎えました。一昨年の突然の総選挙で国会に送り出していただき早いもので一年が経ちました。ご支援を頂いたみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。 この一年は、私の人生においても激動でした。そして、今年は憲法も国民主権も眼中にない安倍政権を、国民の力の結集によって打倒できるかどうかがかかっています。歴史は誰が作るのか!?国王でも英雄でも、ましてや独裁者でもありません。戦争反対、国民主権を口にするだけで拷問虐殺された日本共産党員の命をかけた闘いが、戦後憲法に結実しました。 その94年の歴史にかけ、後援会のみなさまと力を合わせて、必ず日本共産党の躍進を勝ち取り、安倍独裁政権から国民の手に政治を取り戻す年にしましょう!      衆議院議員 斎藤 和子


  2016年、明けましておめでとうございます。 「子は宝」。 万葉集にも詠われた、子を慈しむ親の思いは、時代を超えて普遍です。しかし、この精神が、これほどまでに軽んじられた時代があったでしょうか。赤紙一枚で我が子を戦場に駆り出される母の心の叫びが繰り返されるような、そんな政治を変えたいと、ママだけでなく、若者も、戦争を体験された方々も、まさに老若男女が声をあげています。  消費税10%増税に伴う食品の一部税率据え置きを「低率減税」の導入と大宣伝し、年金生活者へは3万円を支給すると、しかも、参院選前にだと報じられています。一方、子育て給付金は廃止する…。  世代間に対立を持ち込む自公政権に、耐え難い怒りを感じます。  さあ、今年こそ、人としての尊厳を私たち国民の力で取り戻す歴史的な闘いのスタートにしましょう。  参議院選挙で必ず勝利し、戦争法廃止の新しい政府を実現させるため、皆さんと心ひとつに頑張ります。     参議院千葉県選挙区予定候補 浅野ふみ子


  新年おめでとうございます。  後援会員のみなさまと力をあわせ、昨年のいっせい地方選で躍進することができました。住民要求の実現でも、共同のたたかいでも、地方政治を動かす力となっています。  いよいよ歴史を動かす2016年をむかえました。戦争法を強行し、平和も暮らしもこわす安倍政治を、国民の大同団結で止める年です。  私は、戦争体験者の言葉を胸にきざみ、後援会や運動で出会った方々と力をあわせ、2000万署名の達成に力を尽くします。 日本国憲法に立った政権をつくるには参院選のたたかいにかかっています。「自公大敗北」「共産躍進」との結果が出せるよう力いっぱいがんばります。     参院比例代表予定候補 椎葉かずゆき



★★★    消費税10%ストップ―この願いを日本共産党に!!    ★★★
-  千葉・松戸党演説会 志位委員長が訴え(12月12日) -   

 日本共産党の志位和夫委員長は12日、千葉県松戸市での党演説会で、「戦争法廃止の国民連合政府」の「提案」について訴えるとともに、 安倍政権が2017年4月に強行しようとしている消費税10%への大増税について、政府・与党が検討している食品の「軽減税率」のまやかしを告発し、 来年7月の参議院選挙で大増税ストップの願いを日本共産党に託してほしいと訴えました・・・
 詳細はしんぶん赤旗12月13日版をご覧下さい。

 ★浦安市後援会もバス2台に分乗して演説会に参加しました。


★★★    戦争法廃止 連帯さらに!!    ★★★
-  野党共闘で参院選へ 学生・学者・市民 共同行動に4500人(12月6日) -   

  戦争法(安保法制)の廃止をめざす学生・学者・市民による共同行動、「KEEP CALM AND NO WAR 戦争反対☆銀座大行進」が6日、 東京都内で取り組まれ、大きな注目を集めました・・・
 詳細はしんぶん赤旗12月7日版をご覧下さい。




★★★    「美ら海壊すな」思い一つ!!    ★★★
-  辺野古新基地反対4500人 東京・日比谷(11月29日) -   

Natural

  沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設に反対する集会が29日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。会場から人があふれ、 参加者は4500人(主催者発表)。地元沖縄から代表3人が訴え、「NO BASE」「美(ちゅ)ら海 埋め立てるな」など と書かれたプラカードをもった参加者は、「基地をつくるな」とコールしました・・・
 詳細はしんぶん赤旗11月30日版をご覧下さい。




★★★    オスプレイ 横田配備撤回へ5000人!!    ★★★
-  小池氏「戦争法の具体化」福生市(11月21日) -   

Natural

  在日米軍横田基地(東京都多摩地域)への米空軍特殊作戦機CV22オスプレイの配備撤回と戦争法廃止などを求める大集会が 21日、福生(ふっさ)市内で開かれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗11月22日版をご覧下さい。




★★★    強行2カ月 戦争法廃止へ全国で行動!!    ★★★
-  国会前9000人「野党は共闘」コール(11月19日) -   

Natural

  「平和をつくろう。いまこそ、ともに声をあげよう」。集会やパレード、商店街でのリレートーク、宣伝・署名…。 戦争法廃止と安倍政権の退陣を迫る「19日行動」が、北海道から鹿児島まで列島各地で多彩におこなわれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗11月20日版をご覧下さい。




★★★    戦争法廃止 決意新た!!    ★★★
-  国会前 「19日行動」に9500人 総がかり実行委(10月19日) -   

Natural

  戦争法の採決強行から1カ月となる19日夜、全国各地で戦争法廃止、安倍政権退陣を求める行動がおこなわれました。 国会前の集会では、「今日が新たなスタート」「必ず廃止に追い込む」との発言が相次ぎ、9500人(主催者発表)の参加者は 「安倍政権をみんなで倒そう」「野党がんばれ」「われわれもがんばるぞ」とコールしました・・・
 詳細はしんぶん赤旗10月20日版をご覧下さい。




★★★    「戦争法(安保法制)反対」 行動続ける!!    ★★★
-  シールズが渋谷街宣・「野党は共闘」コール 5党が参加(10月18日) -   

Natural

  東京・渋谷駅ハチ公前で18日、SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)が「安保法制に反対する渋谷街宣」を行いました。 日本共産党、民主党、維新の党、社民党、生活の党の5野党国会議員があいさつ。議員たちが壇上で手を取り合うと、 聴衆から「野党は共闘」のコールが沸き起こり、熱気に包まれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗10月19日版をご覧下さい。




★★★    安倍政権ノー 2万人!!    ★★★
-  東京日比谷 戦争法廃止 行動続ける(10月2日) -   

Natural

  国民の声を踏みにじって戦争法を強行した戦後最悪の安倍政権を退陣に追い込もうと、2日、 「安倍政権NO!☆大行進」が東京都内で取り組まれました。千代田区の日比谷野外音楽堂で集会を開き、 約2万人(主催者発表)の参加者が銀座方面へ大規模なデモ行進をし、「憲法守れ」「戦争法は廃止せよ」などとコール・・・
 詳細はしんぶん赤旗10月3日版をご覧下さい。



Natural

 ★浦安市後援会からも9名の方が、東西線浦安駅前での街頭宣伝を終え集会に駆け付けました。集会後、横断幕を掲げ銀座をデモ行進しました。





★★★    “オールジャパン”で世直しを!!    ★★★
-  東京・新宿 志位委員長が呼びかけ(9月25日) -   

Natural

  日本共産党の志位和夫委員長は国会が事実上閉幕した25日夕、新宿駅西口で街頭演説し、 国民多数の声を踏みにじり憲法違反の戦争法を強行した安倍政権に強く抗議するとともに、 「戦争法廃止の国民連合政府」構想を示し、「“オールジャパン”で世直しをしようではありませんか」と呼びかけました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月26日版をご覧下さい。



★★★    戦争法廃止へ国会前集会 ここから始まる!    ★★★
-  野党の代表が参加 志位委員長があいさつ(9月24日) -   

Natural

   戦争法廃止を迫る大集会が24日夜、国会正門前で開かれました。 雨のなか、5000人(主催者発表)が参加。「戦争法を廃止にするため、これからもたたかい抜く」との訴えに、大きな拍手が沸き起こり、 「戦争法は絶対廃止」「廃止するまで頑張ろう」とのコールが響きました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月25日版をご覧下さい。




★★★    原発も戦争もノー!    ★★★
-  安倍政権倒そう2万5000人(9月23日) -   

Natural

   「さようなら原発 さようなら戦争 全国集会」が23日、東京の代々木公園で開かれ、 2万5000人(主催者発表)が参加しました。会場近くの歩道橋の上にも人があふれました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月24日版をご覧下さい。





★★★    原発反対は主権者の声!    ★★★
-  反原連が官邸・国会前大抗議(9月22日) -   

Natural

   国民の声を無視して原発再稼働に突き進む安倍晋三政権に対し、「原発やめろ」「再稼働反対」の声を突きつけようと、 「KEEP CALM AND NO NUKES 0922反原発☆首相官邸前・国会前大抗議」が22日、行われました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月23日版をご覧下さい。







★★★ 「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけます!  ★★★
-  9月19日(土)志位和夫委員長の記者会見 -   

Natural

   安倍自公政権は、19日、安保法制――戦争法の採決を強行しました。 私たちは、空前の規模で広がった国民の運動と、6割を超す「今国会での成立に反対」という国民の世論に背いて、憲法違反の戦争法を強行した安倍自公政権に対して、満身の怒りを込めて抗議します。

同時に、たたかいを通じて希望も見えてきました。戦争法案の廃案を求めて、国民一人ひとりが、主権者として自覚的・自発的に声をあげ、立ち上がるという、 戦後かつてない新しい国民運動が広がっていること、そのなかでとりわけ若者たちが素晴らしい役割を発揮していることは、日本の未来にとっての大きな希望です。 国民の声、国民の運動にこたえて、野党が結束して、法案成立阻止のためにたたかったことも、大きな意義をもつものと考えます。
このたたかいは、政府・与党の強行採決によって止まるものでは決してありません。政権党のこの横暴は、平和と民主主義を希求する国民のたたかいの新たな発展を促さざるをえないでしょう。
私たちは、国民のみなさんにつぎの呼びかけをおこないます・・・
 詳細は日本共産党ホームページをご覧下さい。


★★★   安倍政権許さない!! 国会前集会 -9月18日-    ★★★

Natural

  国会の中でがんばる野党と心をあわせて戦争法案を絶対に許さないと18日も、 朝から夜まで「安倍内閣は今すぐ退陣」のコールが国会を包みました。夜がふけるにつれて人波が増え続け、 「総がかり行動実行委員会」が主催する国会前集会には午後7時半で4万人を超える人が参加したと報告されました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月19日版をご覧下さい。










★★★   「廃案あるのみ」怒りのコール! -9月17日-    ★★★

Natural

  政府・与党がねらう違憲立法・戦争法案の成立を国会内外のたたかいで何としても阻もうと17日も、国会前は、 朝から強い雨のなかでも人で埋まりました。夕方になってから国会を包囲する人波はふくらみ続け、正門前にむかう人でどの交差点も ごったがえしました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月18日版をご覧下さい。





★★★   国会前 3万5000「廃案」! -9月16日-    ★★★

Natural

  戦争法案の強行採決をねらう政府・与党の暴挙は許さないと16日、国会周辺に駆けつけた3万5000を超える人(主催者発表)が 「強行採決絶対反対」「安倍政権はただちに退陣」と議事堂にむけて怒りのコールを響かせました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月17日版をご覧下さい。




★★★   廃案の声 国会包む!!    ★★★
-  戦争法案緊迫 4万5000人(9月14日) -   

Natural

 戦争法案をめぐって緊迫する週初めの14日夜、「強行採決絶対反対」「廃案」を訴える4万5000人(主催者発表)の人波で国会正門前の車道と歩道が埋め尽くされました。 廃案を迫る大行動は午後1時からの座り込みから、夜の若者による集会まで終日続きました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月15日版をご覧下さい。



★★★   若者が大阪に2万人!!    ★★★
-  戦争法案絶対廃案 関西大行動(9月13日) -   

Natural

   安倍自公政権が戦争法案の強行採決を狙う中、「関西から大規模に声を上げよう」と13日、 関西の青年11グループが大阪・御堂筋をデモ行進しました。出発時点(午後5時)で約2万人が参加・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月13日版をご覧下さい。



★★★   「知事とともに」 国会包囲止めよう!!    ★★★
-  辺野古埋立て 2万2000人参加(9月12日) -   

Natural

   「止めよう! 辺野古埋立て国会包囲」が12日行われ、約2万2千人(主催者発表)が二重三重に国会を囲み、「新基地も戦争法案もいらない」と声を上げました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月13日版をご覧下さい。




★★★   戦争法案強行させない!!    ★★★
-  国会前で連続行動開始(9月10日) -   

Natural

  戦争法案の廃案、安倍政権の退陣を求めて10日、総がかり行動実行委員会とSEALDs(シールズ)(自由と民主主義のための学生緊急行動)が 国会正門前での連続行動をスタートさせました。雨が降るなか、4000人(主催者発表)が参加。映画監督のジャン・ユンカーマンさん、 被爆者の代表らが次つぎとスピーチ・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月11日版をご覧下さい。



★★★   戦争法案 廃案まで声あげ続けよう!!    ★★★
-  東京・日比谷 豪雨つき5500人(9月9日) -   

Natural

  政府・与党が来週にも戦争法案の採決強行を狙う緊迫した情勢のなか、国民の声で廃案に追いこもうと、 総がかり行動実行委員会は9日夜、東京都内で大集会と、国会と銀座方面へのデモ行進を行いました。 台風による激しい雨のなか、日比谷野外音楽堂での集会では、学生や学者、弁護士、野党4党の国会議員らが発言・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月10日版をご覧下さい。



★★★   「戦争法案廃案」学生と学者が宣伝!!    ★★★
-  ホコ天埋める1万2000人(9月6日) -   

Natural

  戦争法案を必ず廃案に追い込もうと「安全保障法案に反対する学生と学者による街頭宣伝行動」が6日、 東京・新宿で取り組まれました。強い雨が降るなか、歩行者天国となった大通りは1万2000人(主催者発表)であふれました。 学生や学者ともに「戦争反対」「安倍はやめろ」の声を響かせました・・・
 詳細はしんぶん赤旗9月7日版をご覧下さい。


★★★   12万人 怒りの包囲!!    ★★★
-  戦争法案ノー 全国1000カ所超(8月30日) -   

Natural

  違憲立法・戦争法案の廃案と安倍政権の退陣を迫る「国会10万人・全国100万人大行動」が30日におこなわれ、 北海道から沖縄まで列島津々浦々に戦争法案と安倍政権への怒りのコールがとどろきました。国会大行動を呼びかけた総がかり行動実行委員会が 「12万人の参加で成功した。全国1000カ所以上で数十万の人がいっせいに行動に立ち上がった」と紹介すると、「オー」と大歓声がわきあがりました・・・
 詳細はしんぶん赤旗8月31日版をご覧下さい。


★★★   川内原発1号機 世論無視し再稼働強行!!    ★★★
-  最悪の「安全神話」復活(8月11日) -   

Natural

  原発推進の安倍政権のもと、九州電力は11日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、 再稼働を強行しました。圧倒的多数の反対世論や周辺住民の声をまったく無視し、事故が起きた時の責任もあいまいのまま、 避難計画など山積した問題を置き去りにした暴挙です。最悪の「安全神話」の復活ともいえるこの暴挙に、 地元をはじめ各地で市民らが抗議行動、「ただちに再稼働の中止を」の声を上げました。 日本共産党の志位和夫委員長は「川内原発の再稼働に断固抗議し、停止を求める」とする声明を発表・・・
 詳細はしんぶん赤旗8月12日版をご覧下さい。



★★★   戦争法案いらない!!    ★★★
-  シールズが国会前抗議(8月7日) -   

Natural

   安倍晋三政権が強行をねらう戦争法案を廃案に追い込もうと7日夜、SEALDs(シールズ=学生たちがつくる自由と民主主義のための 学生緊急行動)が、国会前での定例の抗議行動をおこない、「戦争法案絶対いらない」「安倍は辞めろ」のコールを響かせました・・・
 詳細はしんぶん赤旗8月8日版をご覧下さい。




★★★   高校生ら5000人デモ「戦争法案 みんなで止める」!!    ★★★
-  高校生らが結成したT-ns Sowl(ティーンズ ソウル)(8月2日) -   

Natural

    「戦争はいや。平和な日本がいい」と、戦争法案に反対する高校生らが2日、東京・渋谷の繁華街で初めてデモを行いました。 高校生のよびかけに大学生や社会人など幅広い世代が参加。飛び入りによる参加で隊列は大きくのび、5000人(主催者発表)が 「戦争法案絶対反対」「一緒に止める」「裸の王様だれだ?」「アベだ!」と、軽快な音楽にあわせてコールしました・・・
 詳細はしんぶん赤旗8月3日版をご覧下さい。





★★★   「戦争法案廃案を」 東京・日比谷で1万5000人大集会!!    ★★★
-  参院の野党論戦と連帯(7月28日) -   

Natural

  参院段階のたたかいで野党論戦と連帯して戦争法案を廃案に追い込もうと28日夜、東京・日比谷公園で大集会が開かれました。 「強行採決許すな! 戦争法案廃案へ!」との大看板が掲げられた日比谷野外音楽堂は開会の30分前に超満杯です。入りきれない人たちが集会と 並行して「安倍政権は、今すぐ退陣」などとコールしながら、国会請願デモをおこないました・・・
詳細はしんぶん赤旗7月29日版をご覧下さい。



★★★   戦争法案廃案に国会内外で連帯 総がかり 緊急行動!!    ★★★
-  野党への激励コールを送ろう(7月27日) -   

Natural

   参院で戦争法案の審議が始まった27日昼、のぼりやプラカードを持った350人が参院議員会館前に駆けつけました。 「野党への激励コールを送ろう」という主催者の訴えに、参加者は「戦争法案、絶対反対」「みんなの力で阻止しよう」と唱和しました・・・
詳細はしんぶん赤旗7月28日版をご覧下さい。

   






★★★   「だれの子どもも、ころさせない」 ママの声 渋谷に響く!!    ★★★
-  戦争立法反対! ママの渋谷ジャック!(7月26日) -   

Natural

   「戦争立法ぜったい反対」「ママは戦争しないと決めた パパも戦争しないと決めた」―。戦争法案に反対する子育て中の母親たちが26日、 東京・渋谷駅周辺で初めての街頭宣伝とデモを行い、約2000人が参加しました・・・
詳細はしんぶん赤旗7月27日版をご覧下さい。

   






★   「安倍NO!」大合流 戦争・沖縄・原発・雇用… 国会とりまく7万人!!    ★
-  「アベはやめろ」「戦争したがる総理はいらない」(7月24日) -   

Natural

   東京・日比谷野外音楽堂を埋めつくした人たちが声を合わせました。「アベはやめろ」「戦争したがる総理はいらない」。 24日、「民主主義を取り戻せ!戦争させるな!」と呼びかける「安倍政権NO! 首相官邸包囲」がおこなわれ、 7万人(主催者発表)が日比谷集会や、国会議事堂をとりまく4カ所で抗議行動を展開しました・・・
 詳細はしんぶん赤旗7月25日版をご覧下さい。

★日本共産党浦安後援会も17名の方が集まり、新浦安駅前で午後5時半から1時間に亘って、署名宣伝活動を行いました。 「頑張って下さい」と声を掛け署名してくれる人が増えてきています。今後も「戦争法案」を廃案に追い込むために定期的に行っていきます。



★   第31回(2015年)国民平和大行進・浦安(7月20日)    ★
-  みんなの一歩が世界をかえる!核兵器のない平和な世界を! -   

Natural

  20日、海の日に原水爆禁止国民平和大行進が東西線浦安駅からJR新浦安駅まで行われました。 炎天下の中、8団体66名の方が16時から東西線浦安駅前に集まり署名宣伝活動を行い、16時30分から平和行進を開始。 宮前通りフラワー通りを抜け境川沿いに浦安文市化会館へ。浦安市文化会館で休憩タイムを取り、いざ新浦安駅へラストスパート。 参加した子供たちは額に汗いっぱい掻いているのに元気一杯!中高年も残っている力を振り絞って出発! 終点の新浦安駅で署名活動を行いお開き。参加のみなさんお疲れ様でした。




Natural

Natural

Natural

Natural

Natural

Natural

Natural

Natural


















★★★   戦争法案本当に止めよう デモ 隊列途切れず!!    ★★★
-  大阪 SADLとSEALDs KANSAIが共催(7月19日) -   

Natural

  安倍自公政権が、戦争法案を衆院で強行採決する中、「関西から『反対』の声を大規模に上げ、法案を本当に止めよう」と19日、 主催者発表で8200人の青年・学生などが大阪・御堂筋をデモ行進しました・・・
 詳細はしんぶん赤旗7月20日版をご覧下さい。

   







★★★   「アベ政治を許さない」 全国で同時に!!    ★★★
-  国会前5000人超、新浦安駅前でも!(7月18日) -   

Natural

  「アベ政治を許さない」―。18日の午後1時、俳人の金子兜太(とうた)さんが書いたポスターが全国でいっせいに掲げられました。 駅前や繁華街、職場、山頂でアピールしたり、自家用車や玄関先に張り出したりと、多彩な意思表示がありました・・・  詳細はしんぶん赤旗7月19日版をご覧下さい。


■新浦安駅前でも有志の方が午後1時からポスターを掲げ、「アベ政治を許さない」と連呼しました!

Natural

   








★★★   戦争法案廃案求め 国会前 数万人!!    ★★★
-  「戦争法案絶対反対」「安倍政権は今すぐ退陣」と怒りのコール(7月16日) -   

Natural

 16日、国会正門前では終日、抗議行動が繰り広げられ、戦争法案の廃案を求めました。 台風の影響で激しい雨も降るなか、午後2時7分すぎに強行採決の知らせが入ると、2000人の参加者から 「戦争法案絶対反対」「安倍政権は今すぐ退陣」と怒りのコールがわき起こりました・・・  詳細はしんぶん赤旗7月17日版をご覧下さい。

   




★   主権者無視の暴挙 廃案必ず 戦争法案 自公強行採決 怒り渦巻く!!    ★
-  国会前 6万人余が抗議(7月15日) -   

Natural

Natural

  憲法を破壊し、日本を「海外で戦争する国」につくりかえる戦争法案を、自民、公明両党は15日の衆院安保法制特別委員会で、与党単独で強行採決しました。 安倍晋三首相自身が同日の特別委員会で「国民の理解が得られていないのは事実だ」と認めるなか、一方的な質疑打ち切りに野党が強く抗議するもとで行われた大暴挙です・・・  詳細はしんぶん赤旗7月16日版をご覧下さい。

   





★★★   戦争法案 採決許さない 国会包む2万人の熱気!!    ★★★
-   東京・日比谷「戦争する国」絶対反対(7月14日) -   

Natural

  衆院安保法制特別委員会で15日にも戦争法案の採決強行を狙う政府・与党は許せないと14日夜、採決強行反対と法案の廃案を求める大集会が東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。 2万人(主催者発表)を超える人が駆けつけました・・・  詳細はしんぶん赤旗7月15日版をご覧下さい。

   


★★★   戦争立法NO! 憲法9条守れの声を浦安から!!    ★★★
-  新浦安駅頭で署名宣伝活動(7月12日) -   

Natural

  政府・与党が今週にも「数の力」で衆院通過を狙う状況のなか、浦安市東部後援会は、戦争法案を必ず廃案に追い込もうと6月29日に引き続き、新浦安駅頭で署名宣伝活動を行いました。 炎天下の中、宣伝している私たちに通りかかった人たちが飴をくれたり、「頑張って下さい」と声援してくれました。 この浦安から「戦争法案廃止!憲法9条守れ!」の声を広げようと、さまざまな団体が署名活動、集会、パレードなどを計画しています。ぜひ賛同する市民のみなさんも活動に参加して下さい。 詳細は「イベント情報」をご覧ください。

★★★   北海道集会に6000人!!    ★★★
-  戦争法案ストップ 未来を守ろう(7月11日) -   

Natural

   北海道弁護士会連合会と道内の四つの弁護士会が11日、札幌市で、集団的自衛権・「安保立法」ストップの「わたしたちは戦わない!(NO WAR)」北海道集会を開きました。 炎天下に旭川、釧路、函館などから6000人を超える(主催者発表)人たちが集結しました。
 詳細はしんぶん赤旗7月12日版をご覧下さい。

   



★★★   違憲立法 戦争法案 廃案必ず!!    ★★★
-  SEALDs1万5000人抗議「行動しないと何も変わらない」(7月10日) -   

Natural

   安倍政権が15日にも衆院で採決する構えを見せている戦争法案に反対して10日夜、 学生たちがつくる自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs=シールズ)が、 国会前で金曜定例抗議行動を行いました。1万5000人が参加しました。
 詳細はしんぶん赤旗7月11日版をご覧下さい。

   


★★★   戦争立法NO! 憲法9条守れの声を浦安から!!    ★★★
-  新浦安駅前広場で署名宣伝活動(6月29日) -   

Natural

  浦安市東部後援会は、戦争法案を必ず廃案に追い込もうと29日の午後4時から新浦安駅前広場で署名宣伝活動を開始しました、 学校帰りの高校生や買い物帰りの女性も駆け寄り「頑張って下さい」と署名してくれました。 今、戦争法案を何としても阻止しようと全国各地で一点共闘で結集して集会やパレードが取り組まれ、廃案に向けた行動が広がっています。

この浦安でも「戦争法案廃止!憲法9条守れ!」の声を広げるために、定期的に宣伝活動を行う予定です。ぜひ賛同する市民のみなさんも活動に参加して下さい。

【浦安市議会では】
 5月に戦争法案が国会に提出されて以降、各地方議会で法案に「反対」「慎重審議」などを求める意見書の可決が、急速に広まっています。 ところが、浦安市議会では時代に逆行するような結果となりました・・・ この6月議会で日本共産党が発議提案した「戦争立法の制定を行わないよう求める意見書」は、質疑・反対討論もなく3対17で否決されてしまいました。  詳細は市議会報告1329号をご覧下さい。
【補足】
 戦争法案に「反対」「慎重審議」などを求める意見書を可決する議会は、6月19日時点では30道府県116議会でしたが28日現在で34都道府県の195議会に増えています!



★★★   「戦争法案とめる」街響く!!    ★★★
-  SEALDs「声上げるのは今」 東京・渋谷で学生がアピール街宣(6月27日) -   

Natural

   安倍晋三首相が今国会での成立をねらう戦争法案を必ず廃案に追い込もうと、SEALDs(シールズ=自由と民主主義のための学生緊急行動)は27日、 東京・渋谷駅前で「戦争法案に反対するハチ公前アピール街宣」を行いました・・・
 詳細はしんぶん赤旗6月28日版をご覧下さい。

   


★★★   戦争法案今すぐ廃案に3万人 国会包囲!!    ★★★
-  志位委員長訴え(6月24日) -   

Natural

   戦争法案を廃案に追い込もうと24日夜、国会周辺で「戦争法案今すぐ廃案」「安倍政権は今すぐ退陣」のコールが響きました。 14日に続いておこなわれた国会包囲行動です。前回の2万5千人を上回る3万人(主催者発表)が参加。 法案が国会に提出されてから最大規模の行動になりました・・・
 詳細はしんぶん赤旗6月25日版をご覧下さい。

   


★★★   安倍首相に未来奪われたくない 戦争法案 本当に止めるぞ!!    ★★★
- SEALDs(シールズ) 腹の底からの叫び(6月19日) -   

Natural

   「この国の自由とか、民主主義とか、憲法とか当たり前のことを、安倍首相なんかに終わりにさせはしない。始まってるんですよ、新しい動きは。戦争法案を、本当に止めるぞ!」。 SEALDs(シールズ)(自由と民主主義のための学生緊急行動)の学生が腹の底からしぼり出した叫びに、国会前に集まった若者たちが歓声を上げました・・・  詳細はしんぶん赤旗6月21日版をご覧下さい。

   

★★★   戦争法案反対 国会包囲2万5000人!!    ★★★
- 若者デモ3500人(6月14日) -   

Natural

   「戦争法案反対」の声が日増しに強くなっています。14日、東京都内で二つの大規模な行動がとりくまれ、全国でも集会やデモがおこなわれました。詳細はしんぶん赤旗6月16日版をご覧下さい。

   




★★★   「戦争法案必ず止める」列島響く!!   ★★★
- ストップ安倍暴走 1万6000人 東京大集会(6月13日) -   

Natural

   世論調査で8割の国民が今国会での成立に反対している戦争法案。13日、東京、宮城、千葉、長野、静岡、奈良、福岡など 列島各地で集会やデモがおこなわれ、「海外で戦争する国をつくる憲法違反の戦争法案を必ず止める」の声が わきあがりました。東京都内で開かれた「STOP安倍政権! 大集会」(主催、同実行委員会)には、 北海道から沖縄まで全国から1万6千人が参加。 詳細はしんぶん赤旗6月14日版をご覧下さい。

 ★浦安の後援会の人たちも集会に駆けつけ、豊洲駅までのパレードに参加しました。沿道から手を振り応援する人たちもいて、「戦争法案」反対の声が拡がっているのを感じました。


★★★   戦争法案阻止 全国で!! - 埼玉 1万人集う -   ★★★

Natural

  戦争法案が審議入りして初の日曜日の31日、反対を訴える多彩な取り組みが全国各地で行われ、さいたま市北浦和公園の 「集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を求めるオール埼玉総行動」には1万400人を超える市民(実行委員会発表)が 集まり、集会やデモ行進を行いました。詳細はしんぶん赤旗6月1日版をご覧下さい。

   
   

★★★   首相、自衛隊への攻撃 武器使用認める!   ★★★
- 「後方支援」は武力行使と一体 戦争法案の危険性 浮きぼりに -

Natural

   「自衛隊が現実に攻撃され、『殺し、殺される』危険が決定的に高まることは明らかだ」―。 日本共産党の志位和夫委員長は27日の衆院安保法制特別委員会の総括質疑で、自衛隊が戦争法案にもとづいて「戦闘地域」で米軍への「後方支援」を 行えば、結果として戦闘を行うことになると迫りました。安倍晋三首相は質問に正面から答えず、憲法9条が禁じた「武力の行使」に発展していく 危険性が鮮明になりました。詳細はしんぶん赤旗5月28日版をご覧下さい。

   
   

★★★   新基地ノー 沖縄と連帯 1万5000人 青い波 国会包む!!   ★★★

Natural

  「沖縄と本土が連帯して、新基地も戦争法案も許さない」―。安倍政権が民意を踏みにじって強行している沖縄県名護市辺野古への 米軍新基地建設を止めようと24日、東京・国会議事堂周辺で「国会包囲ヒューマンチェーン」が行われ、1万5千人(主催者発表)が参加しました。主催は同実行委員会。 詳細はしんぶん赤旗5月25日版をご覧下さい。

   
   

★★★   新基地止めよう 3万5千人 沖縄県民大会 我々は屈しない!!   ★★★

Natural

  沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設に反対する「戦後70年 止めよう辺野古新基地建設! 沖縄県民大会」 (同実行委員会主催)が17日、那覇市で開かれました。 快晴の青空のもと、会場の野球場「沖縄セルラースタジアム那覇」に、 県内・全国から続々と人が集まり、スタンド席から外野席までぎっしり。辺野古・大浦湾の海をイメージした大会カラーの「青」で染まりました。


Natural

 詳細はしんぶん赤旗5月18日版をご覧下さい。

   
   



★★★    女性たち「9条守ろう」!! 東京・銀座で怒りの行動     ★★★

Natural

  14日、東京・銀座が戦争法案を許さない女性たちの怒りの“赤”で染まりました。女性たちのレッドアクションです。 「子も孫も戦争にやらん」など思い思いのプラカードをもち、赤いスカーフ、Tシャツ、エプロンなどを身にまとった800人が 「戦争させない」「9条壊すな」とコールしました。詳細はしんぶん赤旗5月15日版をご覧下さい。

   

★★★    「戦争立法」許すな!! 3万人超 5・3憲法集会     ★★★
- 大江・樋口氏ら訴え 志位委員長あいさつ 横浜・臨港パーク -

Natural

  「戦争立法」など安倍政権による憲法を無視・破壊する「暴走」に共同の力で立ち向かおうと、憲法記念日の3日、 横浜市の臨港パークで「平和といのちと人権を!5・3憲法集会」が開催されました。強い日差しが照りつけるなか、 ステージ裏も含めて会場からあふれる3万人以上(主催者発表)が参加し、「憲法守ろう」との思いを一つにアピールしました。 詳細はしんぶん赤旗5月4日版をご覧下さい。

★★★    「安倍政権ノー」初の大行動 私たちはたたかう!!     ★★★
- 各分野の運動合流 東京で1万4千人 -

Natural

  東京・日比谷野外音楽堂、国会周辺で22日、国民の声に耳を閉ざして暴走する安倍晋三政権を打倒しようと、さまざまな分野の運動が 合流する初めての行動がおこなわれました。「安倍政権NO!☆0322大行動」です。1万4000人(主催者発表)が参加。 集会では「安倍政権を追い詰め、暴走政治をストップさせましょう」とのアピールを採択し、請願デモや国会包囲行動を終日展開しました。 詳しくは、しんぶん赤旗3月23日版をご覧下さい。

 ★浦安駅前でのいっせい宣伝を終えた元木美奈子市議、井原めぐみ千葉県議予定候補も、先行していた後援会の人たちと国会正門前エリアーで合流、 「安倍政権NO!」を声高々にコールしました。かたわらに居た?「猫君」も「安倍はさっさと辞めろ!」と怒っていました。

Natural Natural Natural

   









★★★    日本共産党演説会(市川市文化会館)に浦安からも75名が参加     ★★★
- 市田副委員長・参院議員が訴えました! -

Natural

  3月14日、市川市文化会館で日本共産党演説会が開かれ、市田忠義副委員長・参院議員が訴えました。 浦安からも75名の方たちがバス2台に分乗し駆けつけました。演説会では、井原めぐみ県議候補、元木美奈子市議、みせ麻里市議、森野卓郎市議候補が 決意を述べました。
 初めて演説会に参加された方の感想ががんばり通信3月16日版に掲載されています。ご覧下さい。


★★★    原発ゼロまで訴える 統一行動終日力強く!!     ★★★
- 志位委員長がスピーチ -

Natural

  東京・霞が関一帯、国会周辺を中心に8日、のべ2万3000人(主催者発表)が参加する「ノーニュークスデイ 反原発☆統一行動」が おこなわれました。日比谷野外音楽堂での集会、国会大包囲や請願デモ、国会正門前での抗議行動などを終日、繰り広げました。 福島第1原発事故からまもなく4年。事故は収束していないのに、原発再稼働に突き進む安倍晋三政権に対し、「原発いらない」「再稼働反対」と コールを突きつけました。詳しくは、しんぶん赤旗3月9日版をご覧下さい。



Natural Natural

★ 井原めぐみ千葉県議予定候補と浦安後援会の方たちも参加しました。原発いらない、原発廃炉、安倍は原発やめろ!のコールで日比谷の野音での集会がスタート。 雨も上がり、原発やめたいという熱意に天も応えてくれました。


★★★    浦安市新庁舎建設地にPCB!     ★★★
-  市民への情報公開は速やかに!そして迅速な対応を! -

 2月6日に新庁舎建設の建設現場を浦安市議会で視察した際、担当者から「鋼矢板で囲まれた場所からコンデンサー(蓄電器) 2基が 見つかり、コンデンサーの中と周辺はPCBで汚染されており手がつけられない状態、周りに混ざらないように工事が進められている」と報告がありました。 詳しくは、市議会報告1319号をご覧下さい。

★★★    日本共産党 政党助成法廃止法案を提出!!     ★★★
- 実現に向けて真剣な検討を! -

   日本共産党衆院議員団は26日、「政党助成法廃止法案」を衆議院に提出しました。政党助成制度は、1995年、「政治改革」の名のもとに、 小選挙区比例代表並立制とともに導入・施行されました。この制度は、国民に1人当たり250円を負担させ、毎年約320億円もの税金を各党に配分する仕組みです。 この20年間の政党助成金の総額は、約6311億円に上ります。詳しくは、しんぶん赤旗1月27日版をご覧下さい。

★★★    女性7000人 国会を包囲!     ★★★
- 赤い輪「一人も戦争に行かせない」! -

Natural

  300人以上の女性が呼びかけた「女の平和」国会ヒューマンチェーンが17日行われ、赤いコート、帽子、マフラー、ストッキング、 靴などを身につけた7000人以上の女性が国会を二重、三重に包囲しました。詳しくは、しんぶん赤旗1月18日版をご覧下さい。



★★★    新しい政治へ 全国で新春宣伝!     ★★★
- 日本共産党が地方選勝利めざし -

Natural

  「共産党躍進の流れをさらに大きく」―総選挙での躍進を受け日本共産党は元旦から、衆参の国会議員が地方議員・予定候補者、 党支部・後援会員らとともに、初詣でにぎわう神社前や商店街などで、いっせい地方選挙勝利、安倍政権の暴走ストップ、国民の願い実現めざし奮闘することを訴えました。詳しくは、しんぶん赤旗1月3日版をご覧下さい。



★★★    安倍政権の暴走 国民と共に包囲!     ★★★
- 躍進共産党さっそうと初登院 特別国会  -

Natural

  総選挙を受けた第188特別国会が24日開かれ、日本共産党は新人議員14人を含む衆院議員が初登院しました。会期は3日間です。 日本共産党は衆院で21人へと画期的躍進を果たし、衆参合わせて32人の党国会議員団となりました。議員が一堂に会した党国会議員団総会が開かれ、 山下芳生書記局長が「安倍政権の暴走を国民とともに包囲していこう」と力強く呼びかけました。詳しくは、しんぶん赤旗12月25日版をご覧下さい。

★★★    総選挙の結果について 志位委員長が会見     ★★★

Natural

   日本共産党の志位和夫委員長は15日、総選挙の結果を受けた記者会見を党本部で開き、以下のように述べました。 今回の総選挙で、日本共産党は、比例代表で606万票、11・3%を獲得し、20議席を獲得しました。さらに沖縄1区で赤嶺候補の勝利をかちとり、 あわせて、改選8議席の2倍を上回る21議席を獲得することができました。そして、衆議院で単独での議案提案権を獲得することができました。 衆院選での躍進は、1996年以来18年ぶりとなりました。詳しくは、しんぶん赤旗12月16日版をご覧下さい。

★★★    総選挙あす投票 全比例区で共産党躍進を!!     ★★★
- “暴走とめて”新しい期待広がる!  -

Natural

  総選挙は明日14日投票日を迎えます。日本共産党の志位和夫委員長は投票日まで2日間と迫った12日、横浜市、東京・北区、千葉県の柏市、 船橋市で街頭演説し、「全国11の比例代表ブロック全部を歩いてきました。どこでも『今度は共産党』の新しい期待が広がっています。


   詳しくは、しんぶん赤旗12月13日版をご覧下さい。

★★★    あかみね必勝 激戦勝ち抜き沖縄の新しい歴史を!!     ★★★
-  志位委員長、翁長新知事ら訴え 那覇市「オール沖縄」力を示そう  -

Natural

  何としても激戦を勝ち抜き、新基地ノーの声を国政に示そう―。衆院沖縄1区で、辺野古新基地を造らせないと訴え圧勝した翁長雄志新知事を 支えようと、「オール沖縄」の声を代表する、あかみね政賢候補の必勝を期して10日、那覇市の県庁前で大演説会が開かれました。   詳しくは、しんぶん赤旗12月11日版をご覧下さい。

★★★    総選挙公示 共産党の躍進で国民の声が生きる政治を!!     ★★★
-  安倍暴走ストップ 五つの転換を 志位委員長が第一声  -

Natural

  日本の未来がかかった歴史的総選挙(第47回)が2日公示され、14日の投票日に向けた12日間の選挙戦がスタートしました。 あらゆる分野で民意に背く暴走を続けた2年間の安倍政治全体が問われる総選挙。日本共産党は全国11ブロックの比例代表に42人(比例単独23人)、 小選挙区に292人の合計315人が立候補。沖縄では四つの小選挙区すべてで県知事選の共同の枠組みを大切にした共同候補としてたたかいます。 詳しくは、しんぶん赤旗12月3日版をご覧下さい。

★★★    日本共産党の躍進で安倍暴走ストップ、政治を変えよう!!     ★★★
-  解散表明をうけ志位委員長が第一声 東京・新宿  -

Natural

  安倍晋三首相の衆院解散表明を受け19日、日本共産党は総選挙での躍進をめざし、志位和夫委員長が東京・新宿駅西口で緊急街頭演説に 立ち、第一声を意気高くあげました。全国11の衆院比例ブロックで比例予定候補、小選挙区予定候補を先頭に「安倍暴走ストップ、政治を変えよう」と訴え ました。衆議院は21日に解散、総選挙は12月2日公示、同14日投開票の日程の見通しです。 詳しくは、しんぶん赤旗11月20日版をご覧下さい。

★★★    沖縄知事選 翁長氏が圧勝!!     ★★★
-  新基地は造らせない 安倍政権に痛烈な審判  -

Natural

   沖縄県名護市辺野古への新基地建設の是非を最大の争点にした県知事選が16日投開票され、保守・革新を乗り越えた「オール沖縄」の 民意を代表し、新基地建設断固反対を掲げる前那覇市長の翁長雄志(おながたけし)氏(64)が歴史的圧勝を果たしました。 詳しくは、しんぶん赤旗11月17日版をご覧下さい。

★    赤旗まつり閉幕 3日間で15万人!!     ★
- 確信わいた 勇気出た 選挙勝利・安倍政権打倒へ -

Natural

  「たくさんの勇気と元気をもらった」「大勢の人のパワーに圧倒された」―。東京都江東区の夢の島公園で開催の第41回赤旗まつりは3日、 3日間で約15万人が参加し閉幕。来年のいっせい地方選挙と国政選挙で日本共産党が躍進して、「亡国の政治」を続ける安倍政権を打倒しようと決意を固め あいました。詳しくは、しんぶん赤旗11月4日版をご覧下さい。

    ◆◆◆    心新たに、5期目に挑戦! 元木美奈子市議   ◆◆◆


Natural

  10月12日に行われた市政報告会にて、元木美奈子市議は、9月議会の報告とともに次期市議会選挙への立候補を表明しました。
 参加者を前に、心新たに、5期目に挑戦する決意を語りました。詳しくは、東部後援会ニュース55号の1面をご覧下さい。



    9月30日、浦安市に市民要望の実現を求める申入れ!
  【日本共産党浦安市議団・日本共産党浦安市委員会】   


Natural

  日本共産党が本年6月に実施した市政アンケートには、消費税増税によって市民生活が経済的に非常に厳しくなってきている現状や震災復旧工事の遅れ、 老後の生活不安を訴えるなど切実な声が数多く寄せられました。
 寄せられた回答の中から具体的な要望を所管別に取りまとめ、9月30日浦安市に申入れを行いました。申入れには元木美奈子市議、みせ麻里市議とともに、浦安市民13名が参加。 参加者からも切実な要望が出されました。

    GDP年率7.1%減 4~6月期 個人消費減 97年増税時超す!   ★

  内閣府が8日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で 前期比1・8%減、年率換算で7・1%減となりました。速報値(前期比1・7%減、年率6・8%減)から下方修正されました。 東日本大震災の影響で6・9%減となった2011年1~3月期を超え、リーマン・ショック後の09年1~3月期(年率15・0%減)以来の マイナス幅になりました。
 大企業を優遇する「アベノミクス」効果で大企業は過去最高の利益をあげています。 しかしその利益が経済をけん引する設備投資の拡大に向かっていません。 詳しくは、しんぶん赤旗9月9日版をご覧下さい。

★    戦争させぬ 5500人の熱気 「戦争させない 9条壊すな 総がかり行動」     ★
- 「閣議決定」撤回に追い込もう!! -

   第2次安倍改造内閣が発足した翌日の4日、東京・日比谷野外音楽堂で集団的自衛権行使容認の「閣議決定」即時撤回、 戦争関連法案の成立阻止、安倍政権の退陣などを求める集会とデモ行進が行われました。開場前から続々と詰めかけ、場外を含め5500人(主催者発表)が参加。 詳しくは、しんぶん赤旗9月5日版をご覧下さい。

★    GDP大幅減 個人消費の下落最悪!!    ★
- 消費税増税 暮らしも経済も直撃 -    

  内閣府が13日発表した2014年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、 物価変動の影響を除いた実質で前期比1・7%減、年率換算で6・8%減の大幅な落ち込みとなりました。 特に個人消費は統計上で比較可能な1994年以来20年間で最大の悪化となり、4月の消費税増税が国民の暮らしも 日本経済も破壊したことが示されました。
 増税の影響を「想定内」と言い続けてきた安倍晋三政権の主張は崩れ去ったのは明らかです。  詳しくは、しんぶん赤旗8月14日版をご覧下さい。

★    被爆者に背を向けた首相!!    ★
- 集団的自衛権「閣議決定撤回を」の声に「抑止力」と繰り返す -

  「69年間、1人の外国人も殺さず、1人の戦死者も出さなかったのに、殺し、殺される国にするものだ」。 6日午前、広島市内のホテルで安倍晋三首相と面談した被爆者が、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」撤回を求めました。 しかし、安倍晋三首相はこれを一顧だにせず、「抑止力」の名で解釈改憲を正当化しました。広島では首相に対する怒りと失望が広がりました。 詳しくは、しんぶん赤旗8月7日版をご覧下さい。

    広域化で上がる国保!! 消費税の増税は何のため?   


Natural

  丸山慎一千葉県議会議員を講師に招いて、浦安市文化会館で国民健康保険の学習会が行われました。 国保の広域化への移行による問題点と対応について、僅か2時間程度の時間の中で分かりやすく丁寧に説明をして頂きました。
  「広域化」は、市単位の運営を県単位に統合するものですが、これまで浦安市は千葉県では一般会計の繰入額がトップでしたが、「広域化」により 一般会計からの繰り入れの廃止が誘導され、保険料の平準化で保険料が大幅にアップされる可能性があります。すでに「広域化」を理由に、まだ国の 法改定が行われていないのに、昨年4月保険料が値上げされています。国保の危機的状態を招いた最大の要因は、1984年の国保法改悪以来、 国の責任を後退させ国庫支出を激減させて来たことです。打開の最大の道は国庫負担を1984年の水準に戻すことです。

【参加者の声】
  国は社会保障の充実のために消費税を上げると、私たちに増税の理由を繰り返し説明してきましたが、 今回の学習会で、国の説明が全くのウソであることを確信しました!

    雷雨にもめげず、みんなで平和大行進!! みんなで歩けば怖くない?!    

Natural

  今回は日中の暑さを考慮して午後4時スタートでした。浦安駅前の署名活動を終え、平和行進を開始した直後から、雨足が強くなり、フラワー通りを歩く頃には雷も鳴り始め土砂降り状態。 近所の人が見かねてカッパをくれたり「ガンバレヨ!」と声援をくれました。浦安市役所に着いた頃には小降りになりましたが、参加者の体調を考え市役所前で今年の平和大行進は終了しました。

【参加者の声】
これほどの夕立に遭遇するとはびっくり! 実行委員の方は天候の急変に気が気ではなかったと思います。お疲れさまでした。 「みんな、安倍暴走政権に負けるな」との、天からのエールと思い家路に着きました。


★    集団的自衛権容認の「閣議決定」撤回を!!    ★
-- 6万人の熱いコールが首相官邸前に響き渡る --

Natural

   安倍政権が憲法の解釈を変えて海外での武力行使を容認する閣議決定を強行した1日、首相官邸前では終日、 抗議の行動が続きました。午後5時すぎ、閣議決定強行の連絡が入ると、コールが鳴りやみ、一瞬の静寂の後、 「閣議決定絶対撤回」「改憲やめろ」の大合唱が始まりました。午前7時半ごろから集まった参加者は、時間がたつにつれて続々と増え続け、 夕方には長い列ができ、身動きができない状況に。1日を通して6万人の熱いコールは夜遅くまで響き渡りました。 詳しくはしんぶん赤旗7月2日版をご覧下さい。

★  政党助成金 9党に80億円!! 消費税増税を強行しながら… ★

   自民党、民主党、日本維新の会、公明党、みんなの党、生活の党、社民党、結いの党、新党改革の9党は18日、 総務省が行った2014年分の政党助成金(年総額320億1433万円)の第1回分交付として計80億358万円を受け取りました。 消費税大増税や社会保障削減などを国民に押し付ける一方、「政治家自ら身を切る」といいながら政党助成金は聖域とし、 国民のすねをかじり続ける政党の堕落ぶりを示しています。 詳しくは、しんぶん赤旗4月19日版をご覧下さい。

★  憲法9条がノーベル平和賞候補にオスロから受諾連絡! ★
- 神奈川 改憲反対の運動に弾み -

  戦争放棄をうたう憲法9条が、2014年ノーベル平和賞の候補になりました。ノルウェーのオスロにあるノーベル委員会から、 「憲法9条にノーベル賞を」実行委員会の神奈川県内の事務局に文書が届きました。 詳しくは、しんぶん赤旗4月13日版をご覧下さい。

★★   新年度予算を9議員反対!!   ★★
- 高額な市税の投入 住民の利益となるのか? -

 3月議会最終日24日に議案等の採決が行われ、新年度予算を9名の議員が反対しました。詳しくは市議会報告1284号をご覧下さい。

★★   東日本大震災から3年 復旧復興工事の大幅な遅れ!!   ★★

 東日本大震災から3年経ちますが、甚大な液状化被害を受けた地区では今もなお復興工事があちこちで続いています。 3月議会で、その進捗状況が明らかになりました。詳しくは市議会報告1283号をご覧下さい。

★★   都市経済常任委員会 新年度予算否決!!   ★★
- 市の税金で解体 解体工事費は1億2595万円! -

 都市経済常任委員会では、浦安駅開発周辺に関わる土地交換(猫実4丁目たかみビルと新浦安駅第6駐輪場)について、 多くの議員から質疑が行われ、新年度予算が3対2で否決されました。 詳しくは市議会報告1282号をご覧下さい。
★新浦安駅に近く利便性の良い駐輪場を、利用者の意見も聞かず突然廃止して、おまけに解体費用も税金で負担するとはいったい何を考えているんだ!! (市民の声)

★   原発ゼロ、再稼働ノー 大統一行動 
3万2000人の熱気 安倍政権に突きつける!!  ★

Natural Natural

 東京・日比谷野外音楽堂、霞が関一帯、国会議事堂周辺が9日、「原発ゼロ」を訴える人たちであふれました。 首都圏反原発連合(反原連)、原発をなくす全国連絡会、さようなら原発1000万人アクションの3グループが共同して とりくんだ「原発ゼロ☆大統一行動」。原発の恒久化を盛り込んだ「エネルギー基本計画」を閣議決定して再稼働に向けて 突き進む安倍政権に、のべ3万2000人の参加者(主催者発表)が「ノー」の声を突きつけました。 詳しくはしんぶん赤旗3月10日版をご覧下さい。

 ★浦安市後援会でも14名の方が国会請願デモに参加しました。

★★   日本が攻撃受けなくても海外で武力行使可能!!   ★★
- 集団的自衛権 「そういう定義」と首相 -

 日本共産党の小池晃副委員長は4日の参院予算委員会で、安倍内閣が憲法解釈の変更で狙う集団的自衛権の行使容認について、 日本が武力攻撃を受けていないにもかかわらず、自衛隊の武力行使を可能にするものだと追及しました。 安倍晋三首相は「まさに言葉についてはそういう定義だ」と述べ、行使容認によって海外での武力行使に道を開くことを認めました。 詳しくはしんぶん赤旗3月5日版をご覧下さい。

  -「君が代」を強制-  心のなかの自由を侵すな!!  

  卒業式シーズンを迎えました。4月からは入学式も始まります。子どもたちの門出をみんなで祝う式にしたいものです。 ところが、その門出に暗い影をおとしているのが「日の丸・君が代」の強制です。教職員への強制が強まるばかりでなく、 一部では子どもたちに大声で「君が代」を歌えという強制も起きています。内心の自由を踏みにじる強制は許されません。 詳しくはしんぶん赤旗2月28日版をご覧下さい。

★★   原発事故の反省、忘れたのか!!   ★★

   「福島原発事故の後、原発を動かすことは、犯罪的です」「原発を即時ゼロとすべき」「原発も戦争もいやです。 子どもや孫を死なせたくありません」―。経済産業省が行ったパブリックコメント(意見公募)にこうした声が相次いでいるにも かかわらず、安倍晋三内閣は原発を「重要なベースロード電源」と位置づける、「エネルギー基本計画案」を決定しました。 詳しくはしんぶん赤旗2月27日版をご覧下さい。

★★   武器禁輸原則を放棄!!   ★★
政府素案 紛争国へも可能に

  安倍政権は23日、全面的な武器輸出禁止政策を放棄し、これに代わる新たな武器輸出管理原則の素案を固めました。 戦後、日本が平和国家の「国是」として掲げてきた禁輸政策を一内閣で百八十度転換しようという暴挙。安倍政権は3月初旬から与党との 調整を本格化し、同月中の閣議決定によって輸出解禁を狙います。 詳しくはしんぶん赤旗2月24日版をご覧下さい。

★  「しんぶん赤旗」ここが魅力!   

  「『赤旗』は本当のこと、知らねばならないことをまっすぐ届けてくれる大事な新聞です」―読者からこんな熱い期待が 寄せられています。NHK会長の暴言などで公共放送のあり方が問われ、秘密保護法報道で一般紙のなかに分岐が現れているなかで、 タブーなく真実を伝えるメディア、安倍内閣の暴走に正面から立ち向かうメディアとして、「しんぶん赤旗」への注目と期待が広がっています。 詳しくはしんぶん赤旗2月22日版をご覧下さい。

★   歴代政権にも背く安倍改憲暴走!!   ★

   「(政府の)最高の責任者は私だ。政府の答弁に私が責任をもって、そのうえで選挙で審判を受ける」。 安倍首相は12日の衆院予算委員会で、現行憲法下で禁止されてきた集団的自衛権行使の憲法解釈を自らの一存で変更できるとの立場を示しました。 詳しくはしんぶん赤旗2月15日版をご覧下さい。

★   集団的自衛権への暴走は許されない!!   ★
-- 自制や節度が働かない安倍暴走機関車 --

   日本共産党の志位和夫委員長は13日、国会内で記者会見し、集団的自衛権をめぐる安倍晋三首相の答弁について、 つぎのように述べました。
~ きわめて重大なことは、安倍首相が、「(政府の)最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任をもって、そのうえで選挙で審判を受ける」などと のべ、首相が自由に憲法の解釈を変更できるかのような発言を行っていることです。
 これは、最高法規としての憲法のあり方を否定し、立憲主義を否定する、きわめて危険なものです ~
詳しくはしんぶん赤旗2月14日版をご覧下さい。

浦安駅周辺開発で新浦安駅第6駐輪場を廃止!!

  昨年12月議会で、新浦安駅近くの第6駐輪場を廃止する議案が提案され、市議会は賛成多数で可決(日本共産党は 反対)しました。 詳しくは市議会報告1277号をご覧下さい。
★新浦安駅に近く利便性の良い駐輪場を、利用者の意見も聞かず突然廃止するとは、住民を無視するな!! (市民の声)

★   安倍首相改憲答弁 尊重・擁護は全く念頭なしか!   ★

   歴代政権が憲法上否定してきた集団的自衛権の行使は憲法解釈の変更でおこなう、憲法を変えやすくする憲法96条の改定 にも取り組む―安倍晋三首相が国会答弁で、憲法を否定する発言を繰り返しています。明文改憲であれ解釈改憲であれ、安倍首相が改憲に 前のめりなのは明らかです。 詳しくはしんぶん赤旗2月8日版をご覧下さい。

★   秘密法廃止せよ 国会包囲3000人!!   ★
稀代の悪法「秘密保護法」は廃止するしかない!

Natural

 通常国会が開会した24日昼、市民らによる「秘密保護法廃止! 国会大包囲」がおこなわれ、首都圏や大阪や長野など 全国から駆けつけた3000人が “人間の鎖” となり国会議事堂を包囲しました。
詳しくは、しんぶん赤旗1月25日版をご覧下さい。
★ 東部後援会も  “人間の鎖”  国会大包囲に参加。その後、参議院会館で行なわれた1.24「秘密保護法」廃止へ!院内集会にも参加しました。

Natural Natural










◆   止まらない安倍政権批判 米国が問題視するわけ!   ◆

  昨年来の安倍晋三首相の言動に対して、米国政府やメディアからの批判がとまりません。 同盟国である米国が、日本の首相の靖国参拝に「失望」という強い言葉を使って批判するのは異例のこと。 「時代錯誤」「歴史を書きかえる」などの批判から見えてくるのは、首相の言動は各国が戦後築き上げてきた国際秩序と相いれないとする立場です。 詳しくはしんぶん赤旗1月12日版をご覧下さい。

★  安倍首相年頭発言 改憲への執念、決して許さず!!  ★

  年頭にあたっての「所感」で憲法「改正」にふれた安倍晋三首相が、年頭記者会見でも「憲法解釈の変更や改正に向け、 国民的な議論をさらに深めていく」と主張しました。改憲への執念を示した発言として、軽視できないものがあります。安倍首相は昨年、 国会が改憲案を発議する要件を緩和する96条の改定先行を持ち出し、世論のきびしい批判をあびました。 同時に、歴代政府が憲法上認められないとしてきた集団的自衛権の行使に向け、憲法解釈を変更するための検討を進めています。  詳しくはしんぶん赤旗1月7日版をご覧下さい。

★ 安倍暴走政治と国民のたたかい激突 「自共対決」が中心に ★
- 暴政ノー 地方から声あげる年!! -

 国民の目・耳・口をふさぐ秘密保護法の強行、「愛国心」まで明記した国家安全保障戦略の策定、沖縄・米軍新基地建設へ 辺野古埋め立て承認の力ずくの押し付け、そして安倍晋三首相自身による靖国参拝の強行―。
 景気回復の遅れと秘密保護法での暴走に対し、国民の批判は強まり内閣支持率は急落。菅義偉官房長官など政権・与党幹部らは 「支持率はまだ高い」と強気ですが、国民との全面的な矛盾の深まりの中で、政権基盤が大きく揺らぐ可能性があります。
 2014年は、安倍内閣の暴走と、これに立ち向かう国民のたたかいが真正面から激突する年になることは間違いありません。 詳しくはしんぶん赤旗1月1日版をご覧下さい。

浦安市議会 特定秘密保護法の廃止を求める意見書、4対16で否決!!

 12月議会で、日本共産党は「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」を発議提案しましたが、 浦安市議会の採決結果は4対16で否決。反対討論などで反対理由も明らかにせず、葬り去りました。 詳しくは市議会報告1273号をご覧下さい。
★多くの国民は「知る権利」に背を向けた権力の暴走にノーを突きつけているのに・・・、理由も明らかにせずただ反対する市議は 「特定秘密保護法」の内容を理解しているのでしょうか?(市民の声)

★  原発再稼動反対、国会大包囲に1万5000人!  ★

Natural

  原発を「重要なベース電源」と位置づけるエネルギー基本計画を年明けにも閣議決定して再稼働を進めようとする安倍晋三政権。 東京・日比谷野外音楽堂での集会、国会大包囲、首相官邸前・国会前大抗議に参加した、のべ1万5000(主催者発表)の人たちは、「年内トドメの大抗議」として、 「原発ゼロ」「再稼働反対」の声を政府に突きつけました。 詳しくはしんぶん赤旗12月23日版をご覧下さい。
★東部後援会も7名が集会に駆けつけ、国会大包囲に参加しました。

★    秘密保護法の次は共謀罪か!!    ★
-- 安倍内閣が狙う国民弾圧の中身 --

 海外で戦争する国」をめざす安倍内閣が、秘密保護法に続いて「共謀罪」の新設を狙っています。 自民党の高市早苗政調会長が「できるだけ早く」(12日)といえば、谷垣禎一法相も「重要な課題だ」(13日)と呼応するなど、 法案提出に前のめりです。暴走の狙いと危険とは―。 詳しくは、しんぶん赤旗12月14日版をご覧下さい。

★★    大企業支援・社会保障改悪… 悪法成立次々!!    ★★
-- この国を「戦争する国」にするな --

  政府・与党は8日閉会の臨時国会で、秘密保護法以外にも、大企業を優先し国民のくらしや福祉を破壊する悪法を 次々と成立させた。秘密保護法と一体となった国家安全保障会議(日本版NSC)は、首相にあらゆる情報と権限を集中させる “戦争司令塔”ともいうべきもので、日本を「戦争する国」につくりあげるための機関でしかない。 詳しくは、しんぶん赤旗12月12日版をご覧下さい。

★★    与党、公聴会を強行議決!!    ★★
-- 秘密保護法案を廃案へ 5日、6日の行動 --

 臨時国会会期末が3日後に迫るなか自民、公明両党は3日、参院国家安全保障特別委員会で、野党の反対を無視し、 抗議のなか公聴会開催の議決を強行しました。5日の委員会採決に向けた条件づくりで、同理事会では4日に安倍晋三首相出席による 質疑を行うことも強引に決めるなど、与党の暴走が続き緊迫しています。 詳しくは、しんぶん赤旗12月4日版をご覧下さい。
 6日午後6時半から日比谷野外音楽堂で大集会、国会請願デモが行われます。戦争への道をSTOPさせるために結集しましょう!!

 --- いま狙う 秘密保護法案 戦争への道 ---

 広範な「秘密」指定、共謀(陰謀)・教唆・扇動などで処罰される国民威嚇の仕組み―いま参院で審議中の 「秘密保護法案」は、日本が太平洋戦争に突入した1941年に施行された国防保安法に酷似しています。 詳しくは、しんぶん赤旗12月1日版をご覧下さい。

  秘密保護法案の「テロ対策」旧動燃の内部資料・証言で判明
労組・職員監視の口実に!!

  商業用原子炉や核燃料の開発を行っていた旧動力炉・核燃料開発事業団(動燃、現・日本原子力研究開発機構)では 1970年代、「テロ対策」を口実に幹部職員が警察と結託して職員を監視・調査し、労働組合の切り崩しや活動家の分断工作を行っていた ことが28日、しんぶん赤旗が入手した資料と証言でわかりました。 詳しくは、しんぶん赤旗11月29日版をご覧下さい。

★  秘密保護法案 世論恐れる推進勢力  ★

  国民の目・耳・口をふさぎ、戦争への道を準備する「秘密保護法案」をめぐるせめぎ合いは今週大きなヤマ場を迎えます。 法案に反対する国民の世論と運動は日増しに広がり、安倍自公政権を追いつめ、法案推進勢力に矛盾と亀裂を生み出しています。  法案の危険な中身をさらに広げ、安倍内閣とその翼賛勢力による秘密保護法案強行の策動を追いつめるときです。 詳しくは、しんぶん赤旗11月24日版をご覧下さい。

★  秘密保護法案「廃案必ず」と1万人!!  ★
- 会場あふれる 東京・日比谷野音 -

Natural

  秘密保護法案をめぐって国会情勢が緊迫するなか、「STOP! 『秘密保護法』大集会」(主催、同実行委員会)が21日、 日比谷野外音楽堂で開かれ、会場には、演劇人、出版印刷、マスコミ・ジャーナリスト、宗教者、女性団体、原発ゼロを求める活動家など 秘密保護法案反対の一点で、各層・各分野の団体、個人がかけつけました。 詳しくはしんぶん赤旗11月22日版をご覧下さい。

Natural

 浦安市後援会も集会に駆けつけましたが、既に会場は一杯で入れませんでした。会場の外には多くの人が、発言者の声に耳を傾けていました。その後の国会請願デモには参加し、 「秘密保護法案」反対の声を上げました。



★ 温暖化対策 大幅に後退!!
温室ガス3%増目標(90年比)安倍政権決定 原発頼み変わらず

 安倍晋三政権は15日、地球温暖化対策に関する閣僚会合を開き、2020年までの温室効果ガス排出量を 05年比で3・8%削減する新たな目標を決定しました。京都議定書の基準年である1990年比に直すと約3%増になります。 「増加目標」を掲げるのは、世界第5位の大量排出国としての責任を投げ捨てるものです。 詳しくは、しんぶん赤旗11月16日版をご覧下さい。

★ 秘密保護法案の危険 「よらしむべし」の正体見えた !!

 「民はよ(由)らしむべし、知らしむべからず」ということばがあります。もともとは『論語』の、 民は為政者の施策に従わせることはできるがその道理を理解させるのは難しいという意味だといいますが、 いまは為政者は民を従わせればいいので道理をわからせる必要はないという意味で使われます。
 先週から衆院特別委員会で始まった審議で浮き彫りになったのは、秘密保護法で国民から隠そうという「特定秘密」が広範で、 政府の判断でどこまで広がるかわからないという危険性です。 詳しくは、しんぶん赤旗11月13日版をご覧下さい。

日本版NSC 盗聴とウソで戦争させるのか!!

 安倍晋三政権与党の自民、公明両党と民主党などが、今国会の重要法案の一つである国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案を、 特別委員会でのわずか1週間あまりの審議で採決を強行、今日にも衆院本会議を通過させようとしているのは、まさに言語道断というほかありません。 国会の自殺行為です。  詳しくは、しんぶん赤旗11月7日版をご覧下さい。

★ トルコ原発輸出合意 安倍首相トップセールス !!
- 無責任極まりない 日本の首相 -

  「東電任せにせず、国が前面に立って責任を果たす」。安倍晋三首相は15日の所信表明演説で、 東京電力福島第1原発の汚染水漏れについてこう表明しました。しかし、国が「前面に立って」進めているのは、汚染水対策ではなく、世界中への原発売り込みです。 詳しくは、しんぶん赤旗10月31日版をご覧下さい。
(巷の声:あなたは、誰に責任を果たしているのですか?!)

★★ 「国民監視法案だ」、「国会死んでしまう」!!
- 秘密保護法案 地方紙が社説 慎重審議・廃案も求める -

 政府・与党が今国会で成立を狙う「秘密保護法案」について地方紙が相次いで社説で反対を表明し、徹底審議・廃案を求めています。 詳しくは、しんぶん赤旗10月29日版をご覧下さい。

★★ 国民の目・耳・口ふさぐ これが秘密保護法案!!!
- 何が秘密かも秘密? 法案の仕組み -

 安倍内閣が成立をねらう秘密保護法案とは、「国民の安全の確保」どころか、国民の目・耳・口をふさいで基本的人権をふみにじり、 日本をアメリカとともに「海外で戦争する国」につくりかえるものです。 詳しくは、しんぶん赤旗10月27日版をご覧下さい。

原発汚染水 東電まかせを改め国の責任で実行を!!
- 衆院予算委で笠井議員 -

 日本共産党・笠井亮議員は22日の衆院予算委員会で、「国家的な非常事態」(佐藤雄平福島県知事)にたちいたった放射能汚染水問題を取り上げ、 政府の「東京電力まかせ」の態度を根本から改めるよう迫り、同委員会での汚染水問題に関する集中審議を行うよう要求しました。   詳しくは、しんぶん赤旗10月23日版をご覧下さい。

秘密保護法案は弾圧法!!
国民の目耳口ふさぐ弾圧法 何が秘密かも秘密

 臨時国会開会後、初の与野党書記局長・幹事長討論が20日のNHK番組「日曜討論」で行われました。 この中で、政府・与党が今国会提出・成立を狙う「秘密保護法案」について日本共産党の市田忠義書記局長は「国民の目と耳、口をふさぐ、 基本的人権、民主主義を破壊する重大な弾圧法だ」と断固反対を表明。  詳しくは、しんぶん赤旗10月21日版をご覧下さい。

「秘密保護法案」阻止へ共同を
共産党、断固反対の声明!!

 日本共産党の志位和夫委員長は18日、国会内で記者会見し「国民の知る権利を奪う『秘密保護法案』に断固反対する」声明を発表しました。
 安倍内閣が今臨時国会に「秘密保護法案」を提出する準備をすすめていることに、国民の各界各層から大きな不安と懸念の声がひろがっています。 「秘密保護法案」のねらいは、防衛・外交をはじめ国政の重要問題で、国民の目と耳、口をふさぎ、日本を「海外で戦争する国」につくりかえることにあります。 詳しくは、しんぶん赤旗10月19日版をご覧下さい。

決して再稼働させない!!
原発ゼロ☆統一行動 国会へ全国から4万人

Natural

 13日、首都圏反原発連合(反原連)、原発をなくす全国連絡会、さようなら原発1000万人アクションの3グループによる 共同行動「10・13 ノーニュークスデイ 原発ゼロ☆統一行動」が行われ、日比谷公園、霞が関、国会議事堂一帯が「再稼働反対」「原発ゼロ」を 訴える人の声で包まれた。東京電力福島第1原発で放射能汚染水が漏れ続ける危機的状況のなか、原発再稼働へ突き進む安倍晋三政権に、「福島を忘れるな。 再稼働を許すな。全国の思いをひとつに」を掲げ、全国各地から、のべ4万人(主催者発表)が参加。 詳しくはしんぶん赤旗10月14日版をご覧下さい。

自民 TPP公約破り!!
重要5項目譲歩発言 列島各地に怒り広がる

 インドネシア・バリ島で8日、環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加する日米など12カ国の首脳会合が開かれました。 同交渉をめぐり、日本の政府・自民党がこれまで「守るべきものは守る」と公約してきたコメや乳製品など重要5項目で譲歩する姿勢を みせていることに、「公約まで投げ捨てるのか」と強い怒りが広がっています。 詳しくは、しんぶん赤旗10月9日版をご覧下さい。

法人減税で賃上げはごまかし!!
内部留保を増やすだけ NHK番組 小池副委員長が批判

 日本共産党の小池晃副委員長・政策委員長は6日、NHK「日曜討論」で、来年4月からの消費税8%への増税の中止を 求めるとともに、法人税を減税すれば賃上げになるという政府の主張のでたらめさを批判しました。  小池氏は「今までさんざん法人税を減税してきても賃金は減り続けてきた。97年以降に法人税減税がくりかえされたが(大企業の) 内部留保だけが100兆円以上も増えている」と指摘し、法人税を減税すれば賃上げになるという政策は「夢みたいな話だ」と語りました。 詳しくは、しんぶん赤旗10月7日版をご覧下さい。

法人税率引き下げ 利益が増えれば賃金上げるか?
大企業任せではない対策が必要!!

 安倍晋三首相は、来年4月からの消費税増税の実施とともに大企業向けの法人税率引き下げを決め、 「企業の収益が伸びれば雇用が増え賃金が上がる」と「好循環」の実現を繰り返しています。 これに対し経団連や経済同友会など財界団体や大企業は、法人税減税は歓迎しつつ、「規制緩和」などでもっと利益が増えれば、 雇用の創出や報酬の引き上げも検討したいと、消極的な態度。 詳しくはしんぶん赤旗10月5日版をご覧下さい。

消費税8% 列島に怒り!! 被災地 私たちには何もない

  安倍晋三首相が表明した消費税8%の「決断」。「生活がますます厳しくなる」「給料上がるとは思えない」―。 被災地や東京・新宿の街頭、同・江東区の商店街で声を聞きました。 宮城県は被災者の医療費免除を3月末で打ち切りました。 年金生活の人たちは、「年金は下げて、上げるのは医療費に物価に消費税。血圧も上がるべ。年よりは死ねってか」と異口同音に強い口調で話します。  詳しくはしんぶん赤旗10月3日版をご覧下さい。

消費税増税で雇用悪化 家計も被災地も大打撃!! 
民意は消費税増税中止だ!

 安倍晋三首相は来年4月からの消費税率について、予定通り8%に引き上げると表明。同時に法人税減税などの経済対策を発表しましたが、 消費税増税は雇用を破壊し、日本経済を奈落の底に落とし込むものです。   詳しくはしんぶん赤旗10月2日版をご覧下さい。

被災者、国民の声を聞け!!
消費税増税阻止に5000人超 かつてない運動 全国で

Natural

  安倍首相による来年4月からの消費税増税表明直前の27日、圧倒的な国民世論と幅広い共同を広げる「消費税大増税ストップ!! 国民集会」が 東京都内で開かれました。会場の日比谷野外音楽堂からあふれる全国5000人以上が集いました。 詳しくはしんぶん赤旗9月28日版をご覧下さい。 浦安市後援会からも12名の方が参加されました。


新庁舎建設 工事契約金額 107億5200万!

 9月議会に、新庁舎建設の工事請負契約についての議案が上程されていますが、一方で災害復旧工事の契約変更の議案が5議案も上程されています。
 新庁舎建設に関しては「浦安市新庁舎建設事業者選考委員会」が落札価格107億5200万円で「鹿島建設㈱」を選定したと報告しています。しかし、市政運営の 優先課題の一つである再液状化防止に向けた地盤改良は多額の費用がかかり難航中です。日本共産党は「庁舎建設よりも急ぐべき課題は震災復旧・復興」である ことから新年度予算には反対をしています。詳しくは市議会報告1258号をご覧下さい。

 貴重な市民の共有財産(北栄3丁目市有地:1600坪)
ダイエーへの貸付の中止を!

 昨年の6月議会冒頭、突如松崎市長からの議案外の行政報告という形で公表された市有地(北栄3丁目、1600坪)のダイエーへの 貸付問題。今、関係住民から多くの計画への疑問や反発が広がっています。松崎市長は「ダイエーに貸さないでほしい」という市民の声を全く無視して 強引に計画を進めようとしています。市民の税金で購入した土地を市民の意見も聞かずに勝手に一民間事業者に破格の条件で貸し出す。こんな浦安市政を私物化する市長のやりかたは 許されるものではありません。市民世論でストップをかけようではありませんか。詳しくは浦安民放2013年6月号外をご覧下さい。

2012年5月29日、浦安市議団、住民とともに液状化対策で省庁交渉!

Natural

  浦安市議団(元木美奈子、美勢麻理 両市議)は2012年5月29日、被災した浦安市民とともに液状化対策について、 国の支援の充実を求める申し入れを、 平野達男・復興担当相あてに行いました。 申入れには、畑野君枝衆院南関東比例候補、小松実県議も同席し、 国からは復興庁、内閣府、国交省、総務省の9名の担当者が対応しました。
 東日本大震災で浦安市は市域の85%が液状化する大きな被害を受け、多くの住民はいまだに地盤改良などを含む多額の復旧費用のために 再建のめども立っていません。出席した住民からは「家の傾きの修復のため600万円から2000万円もかかっている」などの切実な声が出されました。 申入れ項目など詳しい内容は、 議会報告第1213号の2面に掲載されていますので、是非お読みください。

2011年11月14日、日本共産党浦安市議団、東日本大震災復興対策担当大臣に要請!

Natural

  日本共産党浦安市議団(元木美奈子議員)は、2011年11月14日千葉県委員会の代表団と来年度予算化を求める政府交渉を行い、 東日本大震災復興対策担当大臣には「液状化対策推進事業」について個人宅地の負担軽減を求めるとともに、高齢者介護施設の増設を要望しました。 要請には畑野君枝衆院南関東比例候補も同席しました。
詳しくは市議会報告 1191号をご覧下さい。



2011年9月11日、新浦安駅前、東西線浦安駅前で初の原発ゼロの署名活動!

Natural Natural

  日本共産党浦安市議団と党後援会は2011年9月11日、原発の廃止を求め、新浦安駅前、東西線浦安駅前で原発ゼロの署名活動を 行いました。
 延べ20名の参加で、残暑厳しいなか学生や若い人たちから署名を頂き110筆集めることができました。ご協力ありがとうございました。 原発ゼロの署名活動は、今後も継続して行いますのでよろしくお願いします。


2011年8月3日、日本共産党浦安市議団、震災復興大臣に申し入れ!

Natural

  日本共産党浦安市議団は2011年8月3日、液状化被害に対する住宅の個人補償制度の充実などを求め、 市民と共に平野達男・震災復興担当大臣に申し入れました。
 申し入れには党・田村智子参院議員も同席し、989人分の署名を提出しました。 詳しくは市議会報告 8月号外をご覧下さい。




2011年4月3日、新浦安駅前、東日本大震災救援募金活動に12人が参加

Natural

2011年4月3日、東部後援会で東日本大震災の義援金活動を新浦安駅前広場で行いました。
浦安市では、人命にかかわる犠牲者こそいませんでしたが、中町・新町地域を中心とする液状化現象による被害は、 市域面積の86%に広がり人口の6割に及ぶ人が被災しました。
私たちは「浦安でも多くの人が被災している。ライフラインが復旧していない状態での募金活動は控えよう」と考えていましたが、 東日本大震災の災害復興のために「何か役に立ちたい」 「何かしたい」と思う市民の方もいるのではないかと、この日、みんなで話し合い活動にふみきったのです。

Natural

当日はどんよりとした天気で寒かったせいか、残念ながら人通りも少なく募金の集まりもいまひとつの状況でした。  しかし、そんな中、女性の方が500円玉を後援会員が持っている 募金箱一つ一つに入れてくれたり、ある男性の方は「岩手出身です。このような募金活動をやっていただき感謝しています」と言ってくれました。 また、終了後に募金額を集計していると、 高洲にお住いの若い男性が「まだ、いいですか」と言って、わざわざ入れに来てくれました。1時間30分にわたる募金活動で5万円を超える募金が寄せられました。寒い中でしたが、 少し心が暖まりました。 ご協力ありがとうございました。

2011年3月20日、田村智子参議院議員が浦安の被災地域を視察

Natural

 元木美奈子市議会議員は、田村智子参議院議員に同行し市内の液状化の被害状況を視察し、市民の要望などを聞いてまわりました。
この日が日曜日ということもあり、敷地内の土砂をスコップで道路に積み上げる人たちがマスク姿で市内のいたる所で見られました。
 今川で1年前に新築したばかりの住居が傾いてしまった女性は「400万円かけて地盤改良をしたのに、周辺の液状化によって家が傾きどうすればよいのか、 住宅ローンが残っているのに」と話し、どこにもぶつけられない怒りを語ってくれました。

Natural

 浦安市は埋め立てによって市域が4倍に広がった街です。今回の地震で市域の86%が液状化による被害を受けました。 家屋や電柱が傾き、ガス管や下水道管がいたるところで損傷し余震が絶えず起こる中、トイレ、ガスが使えず多くの市民は相当なストレスを抱えた生活を余儀なくされています。

Natural

 田村議員は「ここまで広大な液状化は予想以上に甚大。個人の力ではどうにもならず、ライフラインの早急な復旧など国に支援を求めていきたい」と話しました。
 元木美奈子議員は「私の家も液状化で傾き大きな被害を受けていますが、こういうときこそ『住民の苦難あるところに日本共産党あり』の気概を発揮して、 市民と心一つに立ち向かう決意です」と語りました。

2011年3月14日、日本共産党浦安市議団、県水道局に復旧対策強化を申し入れ!

Natural

  浦安市議団(元木市議、井原市議)と岡田県議は14日午後、「水道はいつになったら元に戻るの?」という住民の不安を背に、 千葉市にある県水道局に復旧対策の強化を申し入れました。
県水道局の担当課長に申し入れ書を届け、事情を詳しく聞いて来ました。 なぜ、水道復旧工事が遅れているのかがわかりました。まず、液状化による土砂を取り除かなければ水道破損箇所がはっきりしないこと、 ガスの復旧工事のあとでなければ危険であるため、工事に着手できないこと、これらの理由で、時間がかかっていることがわかりました。 破損箇所が日をおうごとに増えていますが、暫定的復旧工事は17日をメドに他地域の応援体制も得て終える見通しができたこと、18日から供給できる予定など が表明されました。しかし、電力の供給制限が実施されると、その予定もくずれることなどが一方で明らかにされました。

2011年3月11日、東日本大震災 浦安市の震度は5強(震度6弱)!!

Natural

 2011年3月11日午後2時46分ごろ三陸沖を震源とする大きな地震が発生。浦安市では震度5強(震度6弱)でした。
 気象庁の発表では、この「東日本大震災」がマグニチュード 9.0 の国内観測史上過去最大の地震であったことが報告されています。 イトーヨーカドーのまわりは陥没し、建物が浮きあがっているように見えます。

Natural

 新浦安駅付近やイトーヨーカード付近のシンボルロードは液状化がひどく泥水が噴出し、自転車での走行もままらない状況です。 交差点付近では噴出した泥が乾き、車の走行で巻き上がられ、まるで黄砂のようで目を空けていられないほどです。

Natural

 湾岸道路をまたいで浦安駅方向に向かう歩道橋のスロープのところは陥没し、12日の時点では大きな段差になっていて、自転車での走行が出来ない状態となっていましたが、 14日時点では段差がアスファルトで埋められ通れるようになっていました。 水道・ガスのライフラインも多くの場所でストップしており、多くの浦安市民が困難な日常生活を強いられています。 今、浦安市、千葉県の行政に対して早期の復旧が求められています。 3月14日(月)から計画停電も行われています。停電の時間帯を東京電力のホームページ、テレビ等で良く確認して下さい!